MENU

【パキポディウム・グラキリス】実生育成記録

今日は僕が育てているパキポディウム・グラキリスの日の当て方と水やりの様子を紹介します。

水やりの頻度

僕は3週間に一回ぐらいの頻度で水やりをしています。

写真のように幹がしぼんできたら水をたっぷりあげていて、その周期が毎回

だいたい3週間ぐらいです。

グラキリスの実生育成については過去の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
パキポディウム・グラキリス 実生株の太らせ方 パキポディウムの中でも一番人気のあるグラキリス。 実生株の太らせ方(完全持論です)を紹介します。 【結論】 とにかく、負荷を与えながら育てることです。 具体的に...

水を上げる時は鉢のそこから流れ出るまでたっぷりとあげます。

実際に水をあげると、どんどん水を吸い込んでいって水やりの次の日には幹がパンパンに膨れ上がります。

これを繰り返すとぷっくり太ったフォルムに育ってくれるんじゃないかと思い

最近はこんな水やりを仕方を試しています。

目次

とにかく日光に当てる

水やりと同じく大事なのは日光なのですが、僕は家にいて目が届く日はとにかく直射日光に当て続けています。

沖縄はこの時期は毎日30度を超えるので、日中ずっと外に出しておくと

原産地の環境に近づけられるんじゃないかと思い実践しています。

当分は水やりと日に当てる方法はこの方法を実践していこうと思います。また時間を置いて経過報告をさせてもらいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

沖縄在住の20代会社員
本業の傍ら好きなモノ・コトを発信しています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次